Unknown Title (Making of "B.B. King/Let The Good Times Roll: The Music of Louis Jordan")

1999
Documentary
Directed by Lol Creme
Produced by Stewart Levine

ブルースの大御所B.B.キングが、40年代伝説の黒人アーティスト・ルイ・ジョーダンをトリビュートしたアルバム「レット・ザ・グッド・タイムス・ロール ~ザ・ミュージック・オブ・ルイ・ジョーダン」。Dr.ジョンらニューオーリンズの腕利きミュージシャン達をバックにロサンゼルスで制作されたその録音風景を、ロル自身が撮影・編集した1時間のドキュメンタリー作品。
元は別のスタッフが撮影に入ったが、録音に支障を来すほどの大所帯ぶりに激昂したプロデューサー・スチュアート・レヴィンは彼らを解雇して、友人だったロルに制作を依頼。ロルは単身でスタジオに乗り込み、自らカメラを回して制作を続けた。3日間の撮影の後、ロル自身による編集を経て完成した。全編モノクロ映像。
しかしレコード会社側は、この後制作に入るエリック・クラプトンとのアルバム「ライディング・ウィズ・ザ・キング」に注力することを決めていたため、メイキングビデオは発表される機会無くお蔵入りしてしまう。(このため正式タイトルは不明) インタビューの一部だけ抜き出されプロモーションに利用されたらしい。
アルバムは不遇のままひっそりと発売されたが、Dr.ジョンとの共演曲は2000年度のグラミー賞を受賞した。
スチュアート・レヴィンは「アート・オブ・ノイズ/ドビュッシーの誘惑」(1999)でサックスを演奏している。

inserted by FC2 system